ムカデノワラジ

ムカデノワラジ

ガジェット・Webサービス・プログラミング・エンタメについて書く雑記ブログ

MENU

電車で鈴木奈々×みんなのFXの広告をよく見かけたから調べてみた

最近電車に乗ると頻繁に鈴木奈々さんと みんなのFX が提携した広告が張られているのでちょっと調べてみました。

みんなのFXはおバカタレントとして知名度の高い鈴木奈々さんを広告に起用することで、マネー関係に詳しい人以外の新しいユーザー層を囲い込もうという算段でしょうか。

最近テレビCMもうっているようなので積極プロモーション中みたいです。

FXや株にタレント起用するのってどうなんでしょう。コイン〇ェック×出川哲朗さんのCMを思い出しました。あの後はいろいろ悲惨でしたね。もちろんタレントに罪はありませんが。

FXというとどうしてもギャンブル的な面が注目されがちですが、資産運用の選択肢の一つとして悪くないです。銀行と比べて手数料も低く24時間のトレードや入出金にも対応しています。

鈴木奈々さんのような名の知れたタレントを起用して、難しいもの・怪しい、危ないものというイメージを抱きがちなFXに対して消費者が親近感を持ってもらえるならそれはそれでありでしょう。

みんなのFXの特徴

さて、ここからは みんなのFX について調べてみたことをまとめていきます。

 

狭いスプレッド

実質的なFXの取引手数料であるスプレッドが業界最狭水準のようです。調べてみると代表的な通貨ペアであるドル円の場合、スプレッドは0.3銭です。1銭が1/100円なのでスプレッドは3/1000円。1万通貨単位(約100万円)取引した場合でも手数料は30円です。

0.003%なので安いんでしょう。ひとつ気になるのはSBIFXみたいにIFDOCOで制限がないかどうかです。FBIFXでIFOCOをつかうと300ポイントは差をつけないといけないようなので少しの差益で利益を積み上げるのには不向きです。300ポイントというのは30銭のことです。

 FXにはPipsやらポイントやらlotやら単位が多くてめんどくさいですね。

小額から始められる

 多くのFX会社が1万通貨単位からしかトレードを始められないのに対して、みんなのFXではその1/10の1000通貨単位からトレードを始められます。

1000通貨単位の場合、5000円もあればトレードを始められます。(レバレッジ25倍)

1万円未満でスタートできるので安心ですね。

高い約定率

みんなのFXは99.9%の約定率を誇ります。せっかく値段がいいところまできても注文が通らないとうんざりしますからこれはうれしいですね。

BitFlyer FXの地獄のような遅延を味わっているので約定率は大事です。損切りが通らないときの絶望感と言ったら。。。

 

スマホ・パソコンの操作に対応

パソコン・スマホから操作できるそうです。スマホのほうは結構シンプルなUIですね。

パソコンのほうは見たところデスクトップアプリケーションではなくブラウザアプリですね。ツールが多くてやや画面がごちゃごちゃしていますが大体どこのFX会社もそうなのでこれに関しては特に差はないですね。

今まで使ったものの中でFXのスマホアプリに関して言うと、DMMFXのものが結構使いやすいと思います。

ツールのUIをもっとわかりやすく改良するとユーザーを集めやすくなりそうです。FOLIOという株式投資アプリはかなりUI,UXに気を使っている印象です。

システムトレードバイナリーオプションも利用可能

 シストレに対応しているのはうれしいですね。正直チャートに張り付くのはあまり好きじゃないので自動化できる部分は自動化してしまいたいです。と思って調べたところ自分でツールを作る部品が用意されているのではなく、用意されたアルゴリズムを選択して自動売買するそうです。うーん、そうじゃないんだよ。。。

とはいえ一度見てみる価値はあるかもしれません。

 

安心の預金保

みんなのFXを運営する会社、およびみんなのFXが顧客資金を預けている信託銀行が破綻した場合も顧客の資産は会社や銀行の資産とは別に管理されているのでぱーになることはないそうです。どこぞの情報弱者搾取の極悪外貨預金も見習ってほしいものですね。

まとめ

ほかのFX会社と比べて魅力的なのは1000通貨からの取引とシステムトレードバイナリーオプションの選択肢ですね。自由度が低いとはいえ多くのFX会社はそもそもシストレができないところも多いのでみんなのFXは良心的でしょう。

資産運用・外貨貯金の選択肢のひとつとしてはなかなか悪くないサービスです。

みんなのFXの公式ホームページを見てみる

さらに調べてみるとFXには店頭ものと取引所ものがあるそうです。取引所もので有名なのはフジトミのくりっく365というFXみたいです。

取引所FXの場合、店頭FX会社にありがちなくるくる詐欺やロスカット狩りなどの悪質なものが無く、透明性・信頼性が高そうです。