ムカデノワラジ

ムカデノワラジ

ガジェット・Webサービス・プログラミング・エンタメについて書く雑記ブログ

MENU

なぜクリエイターが2018 11月発売のipad proを買うべきか おすすめポイント

  1. 見出し
  2. なぜ2018年11月発売のipad pro を買うべきか
  3. まとめ

 

なぜ2018年11月発売のipad pro を買うべきか

2018年11月Apple社より新型のipad pro 11.0in モデル12.9in  モデルが発売された。

クリエイターの方々はぜひこのipad pro の購入を検討してほしい。

その理由は以下のとおりである。

  • 作業領域が広く、高解像度のLiquid Retina Display
  • ストレスフリーな直観的な操作を可能にするapple pencil 
  • 豊富なアクセサリー
  • 多様なクリエイティブアプリ

 

作業領域が広く、高解像度のLiquid Retina Display

 

www.apple.com

 

Apple 11インチ iPad Pro Wi-Fiモデル 64GB シルバー MTXP2J/A

Apple 11インチ iPad Pro Wi-Fiモデル 64GB シルバー MTXP2J/A

 

 

従来のipad pro同様、Liquid retina displayグラフィックスの色の正確さ・鮮やかさは、ほとんどすべてのPCディスプレイ・タブレット端末ディスプレイを圧倒している。

一般的にディスプレイは黒の表現が苦手だがipad proのディスプレイはかなり深みのある黒を表現している。ひとつ前の世代のipad proでもその色彩の表現力は健在だ。最新の機器もよいが、スペックにそこまでこだわらないのであれば旧モデルも選択肢の一つになるだろう。

 

 

Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 512GB) - ゴールド

Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 512GB) - ゴールド

 

 

 ベゼルのすくないデザインとホームボタン廃止で画面スペースを拡大

今回のipad proは最新で高性能なA12X bionicチップを搭載しているだけではなく、ホームボタンが廃止され、最大12.9インチのディスプレイと狭いベゼルによって本体の大きさは以前のものとそれほど変わらない一方で広い作業スペースが確保されていることもあり、ストレスを感じずにマルチタスクができる。procreateなどの描画アプリを使いつつ、webで参考画像を調べたり、仕様を確認したりするのに最適だ。

11.0 インチモデルは持ち運びに便利でカフェで一服しつつ作業したり、出先でスケッチをしたりするのに向いている。

12.9 インチモデルは11.0 インチモデルと比べると携帯性で劣るが、画面の広さ、マルチタスクのしやすさで勝っている。

画面の広さは作業能率に直結するので予算が許すなら12.9インチモデルを買うことをお勧めする。11.0インチモデルと12.9インチモデルでは2万円ほど価格差があるが、初期投資の2万円を惜しんでその後の生産性を下げるのはもったいない。

 

 

ストレスフリーで直観的な操作を可能にするapple pencil

さらに同時に発売された新型のapple pencilは

  • ダブルタップによるツールの切り替え
  • マグネットによる本体への装着
  • ワイヤレス充電

が可能になった。

apple pencil の代用品として使っていた adonit pixelと比べてみてもapple pencilの書き心地は群を抜いている。

実際にadonit pixel と apple pencil を書き比べてみたが、細身・軽量で紙に書くような直感的な操作性・筆圧検知・傾き検知やパームリジェクションの高度な機能はapple pencilでしか実現できないと思った。新発売のapple pencilではダブルタップで作業の流れを途切れさせることなくペンと消しゴムを切り替えたり、ワイヤレス充電で簡単に充電したりできる。

 

だが充電形式がやや不格好だった旧モデルのapple pencilも機能の面では十分な性能を備えている。予算が厳しければこちらにするのもアリだろう。

 

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

 

 

adonit pixel

 ちなみにapple pencil と比べて直観的な操作性能はやや劣るが、adonit pixelも優れたスタイラスだ。

apple pencilにあるような筆圧検知・パームリジェクション機能を備えているし、程よい重量感があり重心も安定していて手によくなじむ。ペン先もスタイラスの中では比較的細いので、ストレスは少ない。

そしてapple pencil にはないショートカットボタンが用意されているので、対応アプリを使えばいちいち画面上のボタンをタップしなくても登録しておいた機能が呼び出せる。

 

関連記事

xhateblo.hatenablog.com

 

 

 

 

豊富なアクセサリー

 豊富なアクセサリーのおかげでipad pro の使い勝手は飛躍的に向上する。

前述のapple pencilだけではなく、文書作成をより効率化するスマートキーボードや、破損時に高額の修理費がかかるディスプレイを保護するガラスシートやディスプレイのオンオフを切り替えるスマートカバーケースapple pencil と合わせて使うことで紙の質感を再現する画面保護シートなど事務作業・クリエイティブ作業両方をサポートするアクセサリーが用意されている。

これらのipad アクセサリーは正規店のほか、amazon やそのほかネットショップからも簡単に購入できる。

 

 

 

 

 

Apple 12.9インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MNKT2J/A

Apple 12.9インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MNKT2J/A

 

 

多様なクリエイティブアプリ

2018 11月発売のipad proのCPU性能は高く、並のノートパソコン・ラップトップに勝るとも劣らない。そしてタッチ操作・apple pencil に特化されたipad 専用のイラストアプリ、デザインアプリなどのクリエイティブ系アプリが豊富に用意されている。

Notability や neboなどのノートアプリ

事務系作業にもおすすめなアプリとしては手書き文字や数式・図形を自動認識してテキスト化してくれるnebonotabilityなどのノートアプリがある。

ラスター画像描画アプリ

ProcreateAdobeのモバイルアプリ photoshop sketchなどラスター画像のイラストレーション向けのアプリも有名だ。モバイルアプリながら、Adobe photoshop と同等の豊富で使い勝手の良いブラシのおかげで多彩な表現が可能だ。

ベクター画像・設計建築スケッチ

ラスター画像描画アプリだけでなくベクター画像描画アプリもいろいろある。

web制作やロゴ作成に便利なベクター画像描画ができるillustrator drawvectornatorというアプリや、

Autodesk 社のAutodesk Sketch Book ・AutoCADなどの 製造・建築系のラフスケッチに便利なアプリもあるので、クリエイターはパソコンやペンタブをいちいち使わずにipad pro一台で複数の作業を完結させられる。

 

Adobe社 のサポート photoshop と project gemini

また2019年にはadobe 社から、ipad に最適化されたadobe photoshop がリリースを控えている。またadobeipad 専用のクリエイティブアプリ Project Geminiを発表した。Project Gemini ではphotoshopのブラシを引き継いでおり、またラスター画像・ベクター画像両方を扱える。 このアプリにはアナログ絵描きにもうれしいニュースとしては、新しく水彩や油彩のブラシも追加された。

japanese.engadget.com

Adobe の公式ブログのProject Geminiの記事ではProject Geminiのプレリリースプログラム提供を案内している。今のところ英語版しかないが興味があれば以下のリンクから応募してみるのも良いだろう。

blogs.adobe.com

余談

余談だが、Project Gemini (ジェミニ計画)という名称はNASAの有人宇宙飛行計画の名称にも使われている。

このジェミニ計画アメリカ初の有人宇宙飛行計画であるマーキュリー計画と、月面着陸を目的としたアポロプロジェクトのあいだを橋渡しする目的で行われた。

ジェミニプロジェクトでは二人乗りの宇宙船が使われたことから、ラテン語で双子を意味するgeminiという単語が計画名に採用されたようだ。

AdobeがProject Gemini という名前を付けたのも何か意味があってのことだろう。

ラスターブラシ・ベクターブラシの二つに対応していることを表しているのだろうか。

それともイラストレーションソフト・アプリの新しい時代への橋渡しを見据えているのだろうか。

 

まとめ

並のノートパソコンをしのぐハイスペック・apple pencil に代表される、作業効率を飛躍的に向上させる多種多様なアクセサリー・タッチ操作に特化した豊富なアプリ。

以上のようにクリエイターがipad proを買うべき理由は多くある。ipad proは高額なので購入を躊躇する方も多いだろう。だがそのような人にはこう言いたい。「ipad proを購入することは消費ではなく投資である」と。

服や雑貨に10万円を費やしても、そこから新しい利益が出る可能性は低い。一方ipad proを買うには10万円程度のお金がかかるが、一度買ってしまえばそれ以上の価値を生み出す機会を提供してくれるはずだ。

 仮にipad proを購入した後で、使い心地がそれほど良く無く思ったり、使う機会が無かったりした場合もapple 製品はネームバリューと安定した品質、そしてipad pro を手放す人が少ないおかげで中古市場でも比較的高価で取引されている。

気になる方はヤフオクやメルカリなどのサービスを一度見てみるといいだろう。中古の服や雑貨、PC・ガジェットが安値で買いたたかれているのに対して、apple 製品はある程度高い価格帯を維持している。ipad pro 購入は付加価値の高く、失敗することの少ない投資といえるだろう。