ムカデノワラジ

ムカデノワラジ

ガジェット・Webサービス・プログラミング・エンタメについて書く雑記ブログ

MENU

副業投資 目的別FX会社の使い分け スワップポイントとは

目的に合ったFX会社の選択

FXで稼ぐには、取引所の選択が重要です。

FXとひとことにいってもFX会社と取引の相性は、為替変動による差益狙いか、スワップポイント狙いかによって大きく異なります。

また、利益の出し方だけでなく、トレードスタイルにも大きく左右されます。

短時間に小額の利益を積み重ねるスキャルピングという手法と、中長期のトレンドにうまく乗って利益を出すスイングトレードという手法では、相性のいい会社が全く違います。

スイングトレードスキャルピング

スイングトレードはトレンドにうまく乗って利益を狙う、FXトレードの王道です。

トレンドの方向さえ間違えなければ一定の利益が見込めます。

中長期の取引になるので、日々の小さな変化を気にしなくていいのでデイトレードと比べると精神面への負担も小さいです。

スイングトレードまとめ

  • トレンドに乗れば安心
  • 時間・精神の負担は比較的軽い
  • ミドルリスク・ミドルリターン

スイングトレードをするなら、大手経営で安心感のある

がおすすめです。

筆者もメイン口座の一つとして活用しています。

 定期的にキャッシュバックキャンペーンをやっているのでホームページをチェックすると思わぬチャンスに巡り合えます。

 

一方、短時間に売買を繰り返して、小額の利益を積み重ねるスキャルピングの手法は、他の手法と比べると一取引当たりのリスクが小さいというメリットがあります。

しかし、サーバーに負荷がかかるため、禁止しているFX会社が多いこと、1取引にしめる手数料の割合が高くなること、約定の遅延の影響を受けやすいというデメリットがあります。

スキャルピングまとめ

  • 1取引あたりで見るとローリスク
  • トレンドに左右されにくい
  • サーバーの負荷や遅延のリスクあり

スキャルピングを認めている会社の中でも

は、短期売買の制限も少なく人気です。

 FXについての誤解

さて、FXについて良く知らない人の間では、しばしば「為替相場の変化の価格差でしか利益が出せない」という誤解が見受けられます。

つまり、「一ドル=108円が一ドル109円へ変化した場合のように、価格が変化しないと利益が得られない」という誤解です。

実際は価格変化を狙わなくても、

政策金利というシステムを使ってお金を稼ぐことが出来ます。

これには政策金利スワップポイントが関わってきます。

政策金利とFX

まず、この仕組みについて説明します。

たとえば、10万円分のお金を使って、A国の通貨を買ったとします。

このとき、あなたの手元にはA国の通貨が10万円分あります。

一方、あなたに10万円分の通貨を売った人は10万円を手に入れることになります。

しかし、十万円分のA国の通貨は常に10万円分の価値を持つとは限りません。

 

ポイント1

  • あなたの手元に十万円分のA国通貨
  • 通貨の価値は変動する(値下がりのリスクがある)

ここに通貨の信用という問題が出てきます。

日本円は一般的に1ドル108円前後で推移している安定した通貨です。

ここでA国の通貨が日本円と比べて安定性が低いとき、(つまり、A国の通貨が値下がりする可能性があるとき)日本円のほうが安心だから日本円への需要が高まります。

もしなにも対策をしないと、A国のお金はどんどん売られて安定した通貨(円やドル)に変えられてしまいA国から外貨が流失します。

それを防ぐために、A国は金利、つまりA国の通貨で資産を保有してもらう代わりにそのリスクに見合った対価として払うお金を用意します。

そうすることで、A国の通貨に対する需要を作り出し、A国のお金が売られすぎてしまうのを防いでいるのです。

 ポイント2

  • 政策金利はA国通貨の需要を支える役割を果たす
  • リスクの対価に金利がある

上の例に戻りますが、日本円をつかってA国の通貨を買ったとします。

このとき、あなたはA国の通貨が値下がりするリスクを引き受けたということになります。

そこであなたには、そのリスクに見合った分の金利が払われます。

 

このようにして、通貨価格の上下の値幅で利益を出すのではなく、金利で利益を出すときに使うのがスワップポイント(政策金利の差)です。

スワップポイントは上記のような性質上、通貨を持っているだけで発生します。

たとえば2015年に豪ドル1万単位を買いポジションで一年間運用した場合約15000円の利益が見込めます。

この時に必要となる原資は約35000円です。

スワップポイントを利用すると、時には約40%もの利率を見込めることになります。

(ただし、豪ドルの価値がが予想以上に下落した場合、その分の損害が発生します。)

 ポイント3

  • スワップポイントによる利益は、通貨を持っているだけでもらえる
スワップポイントにおすすめのFX会社

為替変動による差益ではなく、金利スワップポイントで利益を得るなら、金利がある程度高い通貨を取り扱っているFX会社がおすすめです。

また、口座維持手数料がないという点、長期的にポジションを持っても手数料が膨らまないという点もポイントです。

以上の点を考慮すると

フジトミの取引所FX(くりっく365)

がおすすめです。

この会社ではスワップポイント取引を推していて、それに合ったサービスが充実しています。