ムカデノワラジ

ムカデノワラジ

ガジェット・Webサービス・プログラミング・エンタメについて書く雑記ブログ

MENU

副業・投資 FXのlotの意味やリスクについて

まえの記事では、投資資金の稼ぎ方のために、FXの口座開設キャンペーンを使う方法を紹介しました。

前の記事はこちら!

 

 

さて。この記事では、「lotってなに?」「キャッシュバックのための取引のリスクはないの?」という疑問に答えます。

1.lotってなに?

「lot」というのはFXをするときに使う通貨の単位で、1lot=一万通貨を表します。

 

たとえば、ドル1lotといわれたら10000ドルを意味します。

lotという表現ではなく、枚という言葉を使っている業者もあります。

つまり、ドル1枚、すなわち10000ドルということです。

 

「1万ドルってつまり約100万円?」と、その値段の多さにびっくりする人もいるかもしれません。

でも大丈夫。FXの場合は、レバレッジという仕組みを使って、元手以上の量の通貨を扱うことが出来ます。

ドルを1lot取引するために必要なお金は約50000円です!

 

 

2.キャッシュバックのための取引のリスクはないの?

 さて、次は「ここでキャッシュバックのためのリスクはないのか」という疑問にお答えします。

結論から言えば、

1.「ゼロではない」

でも

2.「限りなくゼロに近づけることはできる」

 ということです。

 

FXの基本取引量は大体どの会社も1lot(つまり10000通貨)からです。

そして、最もリスクをかけずに1ロットを取引する際に生じる可能性のあるリスクは、

1ロットあたりなんとたったの10円です。

細かい説明は後にして、DMM FXのキャンペーンでは、500lot取引すると生じる損害は最低で0円、最大でも500×10円で5000円です。一方でもらえる金額は20000円。

少し注意して取引すれば、最大で20000円、少なくとも15000円はもらえるんです!

 

以下では、そのリスクを最小限にする方法を説明します。

 

FXでは、IFOCOという機能が使えます。

この機能を使うと、1lotあたりのリスクを10円に抑えられます。運が良ければ逆に10円以上の額が儲かります!

 IFOCOという機能では、自分がある通貨を買いたい価格1つと、売りたい価格2つ(指値、逆指値)を決められます。

買い注文が約定すると、売り注文が自動的にセットされます。

たとえば、1ドル108.444円の時に買いたければ、108.444円で買い注文を指定します。

IFOCOの場合、注文時に売り注文も設定します。

この売り注文を指値を108.445円以上にし、逆指値を108.443円にしておけば、1lotあたりリスクはたったの10円に抑えられるのです。

したがって、500lot注文しても、キャッシュバックがあるので最低15000円は保証されているのです!

 

 

さて、リスクについて理解できた人は、前の記事も記事も見てみましょう。