ムカデノワラジ

ムカデノワラジ

ガジェット・Webサービス・プログラミング・エンタメについて書く雑記ブログ

MENU

ハンドドリップのメリタ式・カリタ式などのコーヒードリッパーの違い

このこの記事では、ハンドドリップに使うメリタ式のドリッパーとカリタ式のドリッパーの違いをコーヒー初心者でもわかりやすく説明します。

f:id:xhateblo:20190317130858j:plain

ハンドドリップとは

ハンドドリップとは、コーヒーを入れるときにコーヒーマシンを使わずに、基本的に人間の手を使って行うことをいいます。

コーヒーマシンがあるのになぜわざわざ手仕事をするのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、ハンドドリップにはそうするだけのメリットがあります。

ハンドドリップはコーヒーマシンに比べて

  • 自由に調節して好みの味を楽しめる
  • コーヒーを蒸らしておいしく味わえる
  • 道具(ドリッパー・フィルターなど)にかかるお金が少ない

メリットがあります。

コーヒーマシンだと毎回同じ味になりますが、ドリッパーを使うハンドドリップならコーヒー豆やその日の気分によって風味を調整できるので、コーヒーをより深く楽しめます。

 

さて、ハンドドリップに使われるのがコーヒードリッパーという道具です。

コーヒードリッパーにはメリタ式ドリッパー、カリタ式ドリッパー、ハリオ式ドリッパーなど様々な種類があります。この記事では主にメリタ式ドリッパーとカリタ式ドリッパーの違いやその特徴について紹介します。

それ以外のドリッパーについても記事の後半で簡単に紹介します。

ドリッパーとは

 コーヒードリッパーを見たことがない人もいるかもしれません。コーヒードリッパーはこの画像のような道具です。

f:id:xhateblo:20190317131207j:plain

コーヒードリッパーは台形や円錐型をしたもので、ここにフィルターをセットしてコーヒーを抽出します。

コーヒードリッパーはその特徴で、おおきくメリタ式・カリタ式・ハリオ式の三つに分けられます。

いずれのコーヒードリッパーにも共通しているのは、コーヒーフィルターをセットすること、底面に穴が開いていることです。

 ここからは、それぞれのコーヒードリッパーについて詳しく見ていきます。

メリタ式ドリッパーとは

 メリタ式ドリッパーの特徴は、底面にある穴が1つだけという点です。

次に紹介するカリタ式ドリッパーには底面に3つの穴が開いています。

コーヒーの味はコーヒーが抽出される速度に関係しています。

カリタ式ドリッパーのように、穴が多いほど早くコーヒーが抽出されるのは想像できますよね。

メリタ式ドリッパーは穴が一つしかない分コーヒーがゆっくり抽出されます。

メリタ式ドリッパーのメリットは

  • お湯がコーヒーに長く触れるのでコーヒー豆の味や特徴がはっきりでる
  • お湯を注ぐだけでおいしいコーヒーが作れる

ことです。

特に二つ目のメリットを知らない人は意外と多いです。

メリタ式ドリッパーでコーヒーを入れるときは、よく喫茶店で見るようにお湯をまわしかけるようにして何回かに分けて注がなくてもいいんです。

ドリッパーの角度や穴の大きさがしっかり計算されているので、お湯を一回注いで抽出されるのを待っていればおいしいコーヒーが出来上がります。

 

カリタ式ドリッパーとは 

 カリタ式ドリッパーは先ほど紹介したように、ドリッパーの底面に3つの穴が開いており、その分コーヒーとお湯が接する時間が短いので雑味の少ないあっさりとしたコーヒーを味わえます。

このコーヒードリッパーを使うときは、しばしば喫茶店で見るように、お湯を何回かに分けてまわしながらそぎます。

こちらのほうがメジャーなハンドドリップの注ぎ方ですよね。

 カリタ式のメリットはなんでしょうか。

それは、このように注ぐことでコーヒーの風味を自分好みにコントロールすることができることです。

カリタ式のドリッパーなら雑味を減らしつつ、酸味を効かせたり、苦みをうまくだしたりといろいろな風味を表現できます。

慣れるまでは味をコントロールするのが大変ですが、一度慣れてしまえばいつでも簡単に自分好みのコーヒーを楽しめます。

初心者にはメリタ式ドリッパーがおすすめ

 初心者がハンドドリップを始めるなら、メリタ式ドリッパーがおすすめです。

というのも、お湯の量や淹れ方で味を細かく調整するテクニカルな部分は省いて、お手軽にハンドドリップの楽しさを味わえるからです。

コーヒーマシンではなく自分の手を使って入れたコーヒーのほうがおいしい気がしてきませんか?

その後もっとハンドドリップを極めてみたくなっても安心です。

というのも、ドリッパーとフィルターを用意するだけで、メリタ式からカリタ式のドリッパーにかえるのも簡単だからです。

 コーヒー三点セット

ハンドドリップでコーヒーを入れるのに最低限必要なのは

  1. コーヒードリッパー
  2. コーヒーフィルター
  3. お湯を注ぐ細口ケトル

の3つです。

コーヒーフィルターにはメリタ用、カリタ用、ハリオ用など、ドリッパーに合わせたものがあるので間違えないようにしましょう。

細口ケトルにはこちらのような湯沸かし機能や温度調節機能のついたものがおすすめです。好みにもよりますが80~90度がコーヒーの適温です。

ハリオ V60 温度調整付き パワーケトル ヴォーノ EVKT-80HSV

ハリオ V60 温度調整付き パワーケトル ヴォーノ EVKT-80HSV

 

 

あとはコーヒー粉を用意しましょう。

※注 コーヒー豆を買った場合はコーヒーミルが必要ですよ!

おすすめのメリタ式ドリッパー

 

 初心者ならまずはプラスチック製のドリッパーで問題ありません。落としても大丈夫ですし、値段もお手頃です。

 

メリタ アロマフィルター AF-M 1-2杯用

メリタ アロマフィルター AF-M 1-2杯用

 

 

 陶器製のドリッパーのメリットは、プラスチック製と比べて高級感があること、そして保温性があることです。

 

 

しかし、陶器製のドリッパーは冬には冷たくなるので、温めてから使わないといけません。そうしないと、ドリッパーに触れたお湯が冷やされてコーヒーがおいしくなくなってしまいます。

 

おすすめのカリタ式ドリッパー

 こちらも初心者ならプラスチック製のものがおすすめです。いくつかサイズがあるので自分の用途に合ったものを使いましょう。

自分しか飲まないのに4人用のものを買ってももったいないだけです。

 

もちろんカリタ式ドリッパーにも陶器製のものがあります。

道具にもちょっとこだわりたい、という人にはこちらがおすすめです。 

 

そのほかのコーヒードリッパー

 ハリオ式ドリッパー

逆円錐型の形状と、美しく螺旋を描くような溝が特徴的なコーヒードリッパーです。

注ぎ方はカリタ式と同じように円を描くようにお湯を注ぎます。手軽さはカリタ式とメリタ式の中間くらいです。ドリッパーを数種類試して自分好みのものを見つけるのもコーヒーの楽しみ方の一つです。

HARIO (ハリオ) V60 01  透過 コーヒードリッパー クリア コーヒードリップ 1~2杯用  VD-01T
 

 

 

 ネルドリップ

ネルドリップはペーパーフィルターの代わりに布を使ってコーヒーを抽出する方法です。

ネルドリップは最高の抽出方法といわれるほどですが、ネルフィルターはニオイや汚れが付きやすいので管理が大変なのが難点です。初心者にはすこしとっつきにくい印象です。

 

サイフォン

サイフォンは理科実験室で見るような不思議な形をした道具です。

ドリッパーというよりはコーヒーマシンに近いのですが、一部のファンからの支持が厚いので掲載しました。

自分で機材を用意するのは大変ですが、一度は間近で見てみたいコーヒー抽出方法ですね。

 

こちらの記事もおすすめ!

カフェインが体内に留まる時間はどれくらい?カフェイン摂取のすすめ - 睡眠ブログねねねラボ

京都の本格喫茶店で最高級コーヒー豆コピルアックのコーヒーを飲む - ムカデノワラジ

よく眠れるカフェインレスのお茶について調べてみました - 睡眠ブログねねねラボ