ムカデノワラジ

ムカデノワラジ

ガジェット・Webサービス・プログラミング・エンタメについて書く雑記ブログ

MENU

3:2の画面のノートパソコンならHuawei Matebook X ProかSurface laptop 2どちらがいいか

現在私はHuaweiのMatebook X Pro 2018年バージョンを使っています。このパソコンを選んだ理由の一つは画面が3:2の比率であることです。

 

調べてみるとMacbookやHP X360など多くのノートパソコンの画面は16:9や16:10です。しかし、パソコンを使ってする作業の多くは画面が縦に広いほうが効率がいいです。実際、Mateook X Proは画面が3:2なのでWordをふたつ横に並べても十分な作業スペースが確保できます。

 

現在発売されているノートパソコンで画面が3:2のものはHuawei Matebook X ProかMicrosoft Surface laptop 2 だけです。この記事ではいくつかの観点からMatebook X Pro とSurface laptop 2を比較検討します。

 

 

 

 価格

価格ではHuawei Matebook X Proが圧勝です。第8世代core i7、RAM 16Gb、SSD 512Gbを搭載した場合、Huawei Matebook X Proは20万程度で買えるのに対して、Surface Laptop 2は28万円になります。学割(学生限定キャッシュバックサービス)を使えば3万円引きになりますがそれでも25万円です。

 ディスプレイの解像度はMatebook X Proが3000x2000、Surface Laptop 2が2256x1504でどちらもタッチ対応です。単純な基本性能で見るとコスパはMatebook X Proに軍配が上がります。

 

ただし、Surface Laptop 2には市販で買うと数万円するOffice2016がデフォルトでついてきます。

 

デザイン

デザインは正直なところSurface Laptop 2の圧勝です。基本的なデザインも美しいし、カラーバリエーションも豊富です。Surface Laptop 2はプラチナ、バーガンディ、コバルトブルー、ブラックから選べます。

Matebook X ProのデザインはMacbook Proのほぼまるぱくりです。背面のリンゴマークがHuaweiマークに代わっている程度の違いしかありません。実際多くの人に「Macbook買ったの?」と間違えられます。

大きな違いは、Surface Laptop 2がやや角ばったシルエットをしているのに対し、Matebook X Proはやや流線型を描くシルエットをしています。

共通点は、どちらも薄型、軽量、狭ベゼルという点です。持ち運びやすく、ベゼルが狭いので作業スペースが広々と使えます。

以前使っていたPCは12インチの画面だったので作業効率がかなり上がりました。

拡張性

拡張性はMatebook X ProとSurface Laptop 2で比べるのは難しいです。というのもMatebook X Proは

  • USB Type-C Port ×2
  • 従来のUSB3.0ポート1
  • イヤフォンジャック1

Surface Laptop 2は

  • 従来のUSB 3.0
  • Mini Display Port
  • イヤフォンジャック
  • Surface Connect ポート

という結構異なる構成だからです。

USB Type-Cに対応している点ではMatebook X Proが優れていますが、Laptop 2が専用の拡張ポートを使えるSurface Connectを備えている点は見逃せません。

両方とも少なくともUSB3.0には対応しているので当分困ることはないでしょう。

 

キーボード

Matebook X Proのキーボードはかなりオーソドックスな構成です。電源ボタンは指紋認証に対応しています。一方、Surface Laptop 2のキーボード配置は一般的なキーボードとほぼ同じですが、電源ボタンがデリートキーのすぐ左にあります。キーボードに紛れ込んでいるので誤って押してしまいそうです。

どちらの機体もキーボードのバックライトが搭載されているので暗いところでも操作できます。

 

その他要素

安心感はMicrosoftSurface Laptop 2に軍配が上がります。政治的な面ではHuaweiは米中貿易摩擦の影響をもろに受けていますし、プライバシーに対する配慮もやや欠けているように感じます。(Microsoftがプライバシーを非常に重視しているとは言えないが。)

企業として安定感があるMicrosoftのほうがアフターサポートも充実しているように思います。数年後Microsoftが存続しているのはイメージできますが、Huaweiが続いているかと聞かれたらあまり自信がありません。

 新しく追加されたブラックの機体はかなりかっこいいです。

 

Huawei製品を使っている人ならMatebook X Proがおすすめです。Huawei Share(Huawi版AirDrop)でデータを共有することができます。2019年版のMatebook X ProはNFCを使ってかなり快適にデータを共有できるようになるそうです。

2018年版モデルと2019年版モデルで特筆すべき違いはあまりないので値段の安い2018年版を購入するのがおすすめです。AmazonHuaweiの公式ショップから購入できます。