ムカデノワラジ

ムカデノワラジ

ガジェット・Webサービス・プログラミング・エンタメについて書く雑記ブログ

MENU

ゴミのような自己啓発本を100冊読む前に読むべき本10選

自己啓発本の多くは「成功(結果)バイアス」「生存バイアス」「ポジショントーク」「チェリーピッキング」にすぎません。

毒にも薬にもならない、というよりも、時間を奪われるので深刻な毒です。

時間は有限な資源でありそれを失うことは大きな機会損失になります。

根拠のない満足感に浸りたい方ならそれもそれで結構ですが、そこから得るものは何もないでしょう。

さて、ここでは「いかがでしたか」系サイトで定番の自己啓発本を100冊読むよりも圧倒的にコスパが良い本を10冊を紹介します。

 

1. FACTFULNESS

テーマ:思い込みと真実

言わずと知れた名著。自分がいかに主観的で根拠のない意思決定を下しているかがわかります。キャッチャーなフレーズや心を揺さぶる情報を目にした時にこそ極端な悲観や過度の楽観に陥らずにその正しさを確かめる必要があります。

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 
2.  その部屋のなかで最も賢い人

テーマ:社会心理学・バイアス

重要な判断をしなければならないとき、どのようなバイアスの影響を受けるのか、

バイアスから逃れるにはどうしたらいいのかを心理学の視点から説明しています。

2018年12月に出版されており、情報が比較的新しく、ケーススタディも豊富で理解の助けになるはずです。

その部屋のなかで最も賢い人 ―洞察力を鍛えるための社会心理学―

その部屋のなかで最も賢い人 ―洞察力を鍛えるための社会心理学―

 
3. データを正しく見るための数学的思考

テーマ:データ・数学

ビッグデータやAI,機械学習という言葉が昨今のバズワードだがそこで重要になるデータを正しく見れる人はどれくらいいるのでしょうか。ビジネスサイドの人間であっても数学的な思考回路でデータを見ることが今後ますます要求されるでしょう。

この本では数式は控えめで初学者にもわかりやすくデータを見るときに犯しがちな過ちを紹介しています。

データを正しく見るための数学的思考 数学の言葉で世界を見る

データを正しく見るための数学的思考 数学の言葉で世界を見る

 
4. ファスト&スロー

テーマ:行動経済学・意思決定

行動経済学の分野の本の中でも比較的読みやすい入門書。人間の意思決定がいかに従来の経済学が想定する「合理性」からかけはなれているのかをさまざまな実験の結果をもとに紹介・説明しています。この本が優れているのは、紹介されている実験の面白さ、わかりやすさもそうだが、なにより重要なことに行動経済学の知見を実際のビジネスシーンや日々の生活における意思決定においていかにして活用すればいいのかが具体的に示されていることです。

 

5. サピエンス全史

テーマ:科学史・人類史

われわれ人類がたどってきた農耕から科学文明に至る一連の歴史を独自の視点から考察しています。扱われているテーマは社会学文化人類学・経済学・生物学・工学など多岐にわたっています。

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

 

 

6. 自由論

テーマ:哲学・自由・民主主義

イギリスの偉大なる哲学者J.S.ミルの作品。彼は8歳からラテン語ユークリッド幾何学代数学を学んでいました。青年期には語学・数学・政治・経済・論理学・哲学も学び、のちに自由主義社会民主主義の思想・分析哲学・科学哲学に多大な影響を与えています。

自由論では主題である自由の在り方に加えて、理性や権利、国家、あるいは生き方について深い洞察を与えています。

自由論 (光文社古典新訳文庫)

自由論 (光文社古典新訳文庫)

 
 
7. 最底辺の10憶人

テーマ:貧困・開発

2019年に出版されたファクトフルネスでも紹介されていますが、われわれが貧困国といわれて創造するような、もっとも深刻な貧困に苦しんでいるのはほとんどがアフリカの10億の人々です。この本「最底辺の10憶人」は2008年に出版されていますが、2019のファクトフルネスからもわかるように依然としてその境遇は改善されていません。「最底辺の10憶人」では、極度の貧困国が直面する問題について多角的な視点から論じています。

貧困国の問題の中でも経済制度・政治制度に注目した「民主主義がアフリカ経済を殺す」もぜひ読むべき一冊です。

最底辺の10億人

最底辺の10億人

 

 

8. 測りすぎ なぜパフォーマンス評価は失敗するのか

テーマ:生産性・評価

昨今、労働力不足および生産性の停滞が経済界の課題です。高プロに代表される業績評価の指標と労働時間の分離や、労働時間ではなくその時間当たりアウトプットによる成果計測制度が導入されつつありますが、成果計測・成果評価は必ずしも生産性の向上やパフォーマンスの改善にはつながりません。それどころか、数値指標が成果に悪影響を与えることもあるのです。

測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?

測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?

 

 

9. ウォール街のランダムウォーカー

テーマ:お金・投資

投資について、成功者のポジショントークではなくデータと理論をもとに正確に示している数少ない本。全世界で読まれている「投資のバイブル」です。金融史やバブル経済、投資指標などを包括的に扱っているので投資を始めたいけどなにから勉強すればいいのかわからないという人に特におすすめです。

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理

 

 

10. 誰がためのデザイン

テーマ:デザイン・アート

 情報があふれる現代では身近なプロダクトから大規模な施設まで、直感的に理解できるデザインがはたす役割は非常に大きくなっています。

悪いデザインとは、いいデザインとはなにか、どうすれば使いやすいのかを理論的に説明しています。モノづくりにかかわる人だけでなく、さまざまなサービスを設計・運用するすべての人が読むべき一冊です。

 

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

 

 

 

Rubyのclassでなぜattr_accessor使うのか:使い道について考えてみる。

Userクラスを使ってattr_accessorを考える

次のようなクラスがあるとする。

class User
end
@nameを持つとき

このユーザーに名前のプロパティを持たせたいとき
次のような例が考えられる。

class User
  def initialize(name)
    @name = name
  end
end

taro=User.new()
taro.name
#=> "taro"
@nameを変更するには?

このUserクラスの問題点

  • taroの名前を変えたいときどうするか

直感的に書くと

taro.name="jiro"

これはエラーになる

ArgumentError: wrong number of arguments (given 1, expected 0 )

このままではインスタンス変数を直接変更することはできない。

次に思いつくのがnameメソッドを新たに定義すること

class User
  def initialize(name)
    @name = name
  end
  def name(arg=@name)
    @name = arg
  end
hanako=User.new("suzuki hanako")
hanako.name #=> "suzuki hanako"
hanako.name("satoh hanako") #=> hanako.name="satoh hanako"

こうすれば.nameで@nameを返し、name()にパラメタが与えられたときは名前を変更することはできる。

  • 外部から操作したい変数が増えるたびにメソッドを追加しないといけない。
  • つまり 変数とメソッドの両方が必要になる
  • hanako.name="xxx"と比べて直感的じゃない。
  • 冗長
attr_accessorを使ってスマートに書く
class User
  attr_accessor :name

#  def initialize(name)
#    @name = name
#  end
end
# satoshi = User.new("satoshi")
satoshi.name  #=> nil

satoshi.name="satoshi"
satoshi.name #=> "satoshi"

ちなみにattr_readerを使うと参照は可能、変更は不可

class User
  attr_reader :name
  def initialize(name)
    @name = name
  end
end
someone= User.new("Sam")
someone.name #=> Sam
someone.name="Someone"
#=> NoMethodError

ポイント

一時的な(すべてのインスタンスに対して必要なわけではない)プロパティを定義したいとき、あるいは外部から変更したり参照したりしたいプロパティを扱うとき、たとえばRailsでレコードに保存しない情報をモデルに紐づけて扱うときに使える。

twitterで流れてた技術者・技術者の意図・非技術者の解釈がおもしろかったので営業もたしてみた

もともとは次のようなコンテンツです。

技術者の表現 技術者の意図 非技術者の解釈
この方法はやりたくない この方法には難があるので避けたほうがいい 嫌がっている!仕事なんだから我慢してやれ!
これは面倒ですね この方法は手間がかかる めんどくさがっている。やる気を出せ
このやり方にはA、B、Cという問題点がある A、B、Cを解決すればできるようになりそう 問題点ばかり指摘して非協力的
どの手法も通じない。面白くなってきた 興味深い状態。本腰を入れてかかるぞ 困った状況なのに楽しんでるの?
技術的には可能です コストとか設備とか他の問題は考慮しない できるんだ?じゃあやって!

ここに営業も入れたらこうなるよなって思った。

技術者の表現 技術者の意図 非技術者の解釈 営業
この方法はやりたくない この方法には難があるので避けたほうがいい 嫌がっている!仕事なんだから我慢してやれ! できます!
これは面倒ですね この方法は手間がかかる めんどくさがっている。やる気を出せ できます!
このやり方にはA、B、Cという問題点がある A、B、Cを解決すればできるようになりそう 問題点ばかり指摘して非協力的 できます!
どの手法も通じない。面白くなってきた 興味深い状態。本腰を入れてかかるぞ 困った状況なのに楽しんでるの? できます!
技術的には可能です コストとか設備とか他の問題は考慮しない できるんだ?じゃあやって! できます!

「技術的には可能です」が結構ありがち。できるけど正直やりたくない、あるいはマシな代替案のほうがいい。

Huawei Matebook X Pro おすすめ周辺機器・アクセサリまとめ

本体保護

画面保護

Huawei Matebook X Proの画面は4K画素で美しいですがグレア液晶なので作業場所や照明によっては画面の反射や映り込みが気になります。

PC部品のなかでも液晶画面はかなり高いので何らかの保護シートを張る必要があります。

タッチにも対応しているのでPDA工房の防指紋・低反射のフィルムがおすすめです。

 背面保護

 アルミボディなので硬くとがったものが当たると本体に傷がついてしまいます。買い替え時の下取り価格が下がるのはもちろん、傷だらけだと使っていて恰好悪いです。

PDA工房の高級感のあるすりガラス風シートがおすすめです。

 キーボードカバー

Matebook XProは キーボードとボディの間にすこし隙間があるので気づかぬうちに誇りが貯まっているときがあります。キーボードの反応が悪いと思って確かめると中にたまったホコリが原因でした。

キーボードカバーを使えばホコリの混入防止に加えて、珈琲などの液体をうっかりこぼした時にも安心です。10万円以上するPCが300円かそこらのコーヒーで壊れてしまってはたまりません。

 

ケース

残念ながらmatebook X Proには公式のケース・かばんがありません。

現状で最もサイズ感・デザイン性がしっくりくるのはMacbook用のPCケースです。

 

拡張

ハブ

 Matebook X ProはUSB TYPE- C ×2, USB ×1,  イヤフォンジャック×1のポートしかないのでHDMI出力したいときやカメラのSDカードから写真を取り込むときには拡張ポート(ハブ)が必要です。

 

光学ドライブ

DVDを視聴したり、音楽を取り込んだり、バックアップディスクを作ったりするには高額ドライブが必要になることが多いです。matebook X Pro本体には光学ドライブがないので追加で購入する必要があります。

 

 

Huawei製品を数か月使った実機レビュー Huawei Matebook X Pro 編

今年2月にHuawei Matebook X Proを買って大体4か月たちました。

Huaweiは5月~6月にかけてはアメリカの輸入規制、GoogleAndroid OS提供の停止、Microsoft Store や Amazon での取り扱い停止など話題に事欠かなかったです。

Apple製品やMicrosoft製品ではなくHuawei製品を使っているのはそのコストパフォーマンスの高さ・技術的な期待感からです。

 

ということでこの記事ではHuaweiの製品を数か月使った実機レビューをしようと思います。

 

概要

良かった点

良かった点を簡単にまとめると次の点があります。

  • 画面が広い。ほかのラップトップで 4:3のディスプレイはMicrosoftSurface Laptop 2しかない。
  • 最高のコストパフォーマンス 第八世代のcore i7、SSD512Gb, RAM16GB、4Kディスプレイで20万円(core i5, RAM8GB, SSD 256Gbで13万円)
  • ディスプレイだけではなく音質が良い
  • 余分なプリインストールソフトが入っていない
  • 薄型で邪魔にならない
  • Huawei製品間でスムーズにデータが受け渡しできる
  • Huawei製品というだけで話題になる
悪かった点

悪かった点を簡単にまとめると次の点があります。

  • やや熱い
  • 画面が奇麗なぶん、バッテリーの持ちはやや短い
  • ストレージが謎パーテーションになっている
  • アクセサリがすくない
  • 悪い意味でも話題に事欠かない

 

良かった点について詳しく

作業効率UP

画面が広いので文書編集作業・コーディング・調べもの・映画鑑賞をするときにストレスがほとんどありません。画面ひとつで作業スピードがこうも変わるものかと驚いた。もう小さい画面で眼をしょぼしょぼさせることもないです。

特に、画面の縦の幅が広いので文書やコーディングのとき、画面内の情報量を増やせるのはとても便利だと思います。

Huawei Shareを使ってhuaweiバイス同士でデータを送受信できるので、クラウドに挙げてそこからダウンロードして再アップロードして、、、というプロセスが無くなりストレートにデータをやり取りできるのもありがたい。

最新型のMatebook X ProのHuawei Share 3.0 ではbluetooth通信に加えてNFCでパソコンにスマホをかざすだけでデータを送れます。

映画鑑賞の満足度が上がった

画面解像度の高さに加えて、音質も良いので映画を鑑賞するのにも良い。

残念ながら光学ドライブはないがU-NEXT AmazonPrime Video で映画を月額で見れるので問題ないです。

特にAmazon Prime VideoはPrime会員になればPrime Videoの無料視聴もセットでついてくるのでお得。

コスパ

 Matebook X Proと同等のサイズ感、性能のSurface Laptop2をRAM16GB, SSD512GB, 第8世代 core i 7 にしようと思ったら28万円ほどかかる。Macbook Proも最近は高すぎる気がします。リンゴマークに追加課金するのは笑えない。

Matebook X Proなら同じ性能で20万円。余分なプリインストールソフトも入っていない。本体は薄型で持ち運びするストレスがありません。

 

Huaweiの悪評、特に個人情報について

Huaweiは個人情報をとられそうで怖いと考えている人が多いが、身の回りのサービスを使うときに我々は意識的・無意識的に個人情報を提供しているはずです。

個人情報を提供することでサービスの質が改善したり、より快適で便利なサービスを受けられる事例もあります。個人情報=危険と考えるよりは企業の個人情報の利用の仕方を見てうまく付き合っていくべきだと思います。

というかHuaweiよりGoogleMicrosoftさんのほうが私たちの生活にかかわる情報持っている気がします。

 

 

アッシェンフィルターのワイン方程式をpythonでトレースしてみた(回帰分析)

アッシェンフィルターのワイン方程式とは、冬の降雨量、育成平均気温、収穫期降雨量、ワインの熟成年数を与えられれば、ボルドーワインの大体の質が予測できるというものです。
発表当時はワイン評論家の反発もあり物議をかもしたそうです。

このワイン方程式は「その数学が戦略を決める」という本の冒頭に紹介されていました。


その数学が戦略を決める (文春文庫)

その数学が戦略を決める (文春文庫)

 
数学というと中学、高校ですっかりうんざりしてしまった人も多いかもしれません。ですが実際のビジネスの現場は数学と切っても切れない関係にあります。この本はビジネスと数学の懸け橋となるような面白い題材を平易な言葉でたくさん扱っています。

同系統の本だと「データを正しく見るための数学的思考」「データサイエンティストに学ぶ分析力」があります。

昨今、データサイエンスがブームですが、ビジネスの現場で有効に活用するには数字を正しく見るためのリテラシーは必須です。

以下に紹介する本では、数字を見るときに犯しがちな間違い、そして数学的思考を使うことによってその間違いを減らしたり課題を解決したりする方法が学べます。

データを正しく見るための数学的思考 数学の言葉で世界を見る

データを正しく見るための数学的思考 数学の言葉で世界を見る

 
以下の本は「データ・サイエンティスト」というタイトルがついていますが、どちらかというとデータ×マーケティングというプラクティカルな内容が中心です。

ビッグデータに頼らなくともいま手元にあるデータを有効に使うだけでビジネスの成功を導けるという示唆を与えてくれます。

エンジニア・サイエンティスト目線で読むと、自分がデータを理解するだけでなく、周囲の人間がわかるようにデータを図や表に可視化するスキルが重要であり、そのスキルがあればビジネスの意思決定に深くかかわれるというメリットがあります。

データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」

データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」

さて、本題ですが、アッシェンフィルターのワイン方程式は冬の降雨量、育成平均気温、収穫期降雨量、ワインの熟成年数を説明変数、ボルドーワインの相対価格を目的変数とした回帰分析で導けます。

回帰分析はPythonのScikit-learnのlinear modelを使えば簡単に実装できます。
必要なデータはhttp://www.liquidasset.com/winedata.htmlよりスクレイピングで取得できます。

from bs4 import BeautifulSoup
import urllib3
from urllib3 import PoolManager
PoolMG= PoolManager()
target = "http://www.liquidasset.com/winedata.html"
html = PoolMG.request("GET",target)
soup = BeautifulSoup(html.data, "html.parser")
t=soup.text
t=texts.split("\r\n")
del(t[0:50]) 
t[0]=t[0].strip()
column_names = t[0].split()
splited=[]
for e in t:
    splited.append(e.split())
splited= splited[2:-3]

pd.DataFrameを用意する

import numpy as np
values = np.array(splited)
import pandas as pd
df = pd.DataFrame(values)
df.columns = column_names
df.index = np.arange(1,39)
df = df.replace(".",np.nan)
df_nan_removed=df.dropna()

回帰分析する

from sklearn import linear_model as LM
LRmodel = LM.LinearRegression()
y = df_nan_removed['LPRICE2']
x = df_nan_removed[['WRAIN','DEGREES','HRAIN','TIME_SV']]
LRmodel.fit(x,y)
LRmodel.coef_ # array([ 0.00116678,  0.61639244, -0.00386055,  0.02384741])
LRmodel.intercept_ # -12.145333576510414

pythonやrはかなりスムーズに統計的な処理をデータに適用できて便利です。
文法ルールや書きやすさではRubyが好きですが、データ分析に関してはライブラリが無さ過ぎてダメです。
手軽さって大事だと思います。
フランス語を勉強したことがある人ならご存知のようにフランス語の数の数え方って意味が分からないんですよね。
それもあって数学では計算に電卓を使ってるみたいなんですが、フランスが有名な数学者を何人も排出しているのをみると算数ができるのと数学的思考力があるのは別だと感じます。pythonで数学の入り口ももっと広がったらいいと思います。

クラウドポートのfundsとは

要点

 

株式と社債

株式を持つ株主は所有する株式の数に応じて株主総会で投票することができる。つまり株主は株式を通じて経営に関与することができる。

株主は会社の業績に応じて配当金を受け取ることができる。ただし、経営悪化時には配当はゼロになる。

社債を持つ人は債権者となる。社債には利子がつくので一定期間ごとに利子の支払いを受けることができる。株主と異なり社債を持つ債権者に経営決定権はない。

しかし、会社が倒産したり、利子の未払いが起きた時、債権者は会社に債務履行を訴えることができる。このとき株主は債務者に近い性質を持つことがある。それは経営に関する決定権に付随する運営責任を果たす必要があるからだ。会社資産の差し押さえ・売却によって得た利益を分配して埋め合わせることもある。

 

社債のデメリット
  • 流動性の低さ
  • 高額な投資単価
  • 比較的低い利回り

いつでも売買できるわけではなく流動性が低い。スマートフォンやパソコンで個人が手軽に売買できる環境もそろっていない。

社債の多投資単価は100万円以上のものが多く株式と比べて手を出しにくい。単元未満株のような小額取引の市場も未発達である。

株式と比べて安定感があり元本が失われる可能性も低いので投資家からの人気があり利回りはひくい。

fundsが解消する社債のデメリット
  • 貸し倒れリスクの軽減
  • 小額投資の入り口を広げる
  • 流動性を高める

 

結論